スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなしい

旦那が他界してしまった
もう一ヶ月
孤独で頭がおかしくなりそう
誰に頼ったらいいのかわからない
一緒に逝きたかった
今からでも遅くないから迎えに来てお願い
代わりに生きたい人を生かしてあげて欲しい
私には無理だから
スポンサーサイト

mixi日記から引用します。
最近の保育園騒動の経緯です。



1:
すっかり間があいてしまいました。
なんだか色々あって、日記書く気になれませんでした。
ブログは一回だけ更新したけど。

長くなるので箇条書きにすると

*いろはさん、今行ってる保育園に行けなくなりました。集団生活に馴染めないって理由で。認証保育所なので対応しきれないそうです。
*保育園が見つからない!来週から本格始動なのに。しかも勘違いして、再来週からだと思ってた…超ヤバいです。

2:
今区の保育課から帰ってきた。
どうやら保育園に騙されていたようですけど…?

と言うのは、今行ってる保育園の定員数は30人。それ以上になると、区からの認証が受けられなくなるらしい。
でも、実はいろはさんは31人目だったのです…。つまり、ハナから保育園はいろはさんを正規の園児にするつもりはなく、一時保育扱いにしたかった、と。
もちろん私はそんな話寝耳に水。最初の契約の時も、朝から夕方まで希望する事は伝えてあったのに…。
契約書だってそのようになってるし、入園料だって一時保育の料金じゃなくて、普通の入園料払ったんだよ?
騙すつもりが保育園側になかったとしても、(じゃあどんなつもり?って感じだけど)ちょっとひどいよね。「1人空きがある」って言ったんだよ?呆れてものも言えない…。

午後から別の保育園に面接に行ってきます。もし入れたとしても、いきなり一日中の保育は無理みたいだけど…もうどうしようもないです。


3:
隣の駅にある保育園へ。
通わせるのが大変だから、1キロ圏内で探してたけど、2キロまで範囲を広げて探した結果。

雑居ビルの二階の、「いかにも」って感じの認可外保育園。
二階に上がる階段は狭くてやけに急に感じた。なんだか心が弱ってるなぁ。

先生方は親身に今の状況を聞いてくださって、いろは自身に問題も見られないって言ってくれて、なんだか安心できるとこかも・・・?と思ったんだけど。

ちょっとややこしくなってきたので整理すると、


・12日~16日は、私は9時~17時まで外せない研修がある。
・今通ってる保育園(以下M保育園)はさまざまな理由から、一日中の保育ができない。
・新しい保育園(以下K保育園)は、受け入れ体制が整うのが20日から。(最初の2日間は慣らし)
・区の認可保育園の選考会議が21日にある(実際入れたとして、通えるのは6月から。どうせまた慣らしとかある)


なんだかのっぴきならない状況なので、会社の社長に相談したら、「色々クリアになってからの出社でかまわないよ」って言ってくれた。
実際、今の状況で19日から問題なく会社に行ける方法は残されてなかったし、ありがたかった。

同日夜に、K保育園の責任者の先生から電話があって「娘を色々連れまわすのもかわいそうだし、21日に認可の選考会議があるから、それまで待って欲しい」って言ったら・・・

お こ ら れ た w

「会社がこなくていいって言ったからって、親の都合で保育園連れて行ったり、家で過ごさせたりするのは良くない」
「じゃあいつから仕事いくんですか?」
「こちらも命を預かるんだから、いい加減な気持ちじゃ困る」

( ̄д ̄)エー?

私まちがってるんですかね・・・あんまり自信はないけど、私としてはK保育園側が私が思い通りにならなかったから逆ギレされたように感じた・・・です。
また入園金払わなきゃいけないし、自転車も予定外の車種を選ばなきゃいけなくなるし。
いろはさんはあっちこっち連れまわされるし・・・。
なんかどうするのが一番良いのかわかんなくなってきましたけど(つд⊂)エーン

とりあえず、K保育園にあんまり通わせたくなくなったのは事実・・・。でもえり好みできる状況でもない。でも主張はしなきゃ!!とマイミクゆっきーに励まされ、
「勝手を言うようだけど、21日の発表を待ちたい」
と電話しました。
ああ、疲れた。今日は一日頭が痛かったです。




大体こんな感じです・・・。
今も大差ない状況です。21日の発表が無い限り、身動き取れません。
プロフィール

☆りったん&ナラ☆

Author:☆りったん&ナラ☆
2006年2月に生まれた「いろは」の成長日記を綴るパパ&ママ

タグふれんず

最近の記事
カテゴリー
リンク
何の略やね~ん

あ~いい漢字

RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。